2013年01月16日

Chemistry / ISSEI feat. HI-KING & RAM HEAD

あけましておめでとうございます!

今年も、いや今年こそ皆様よろしくお願いしますw


さて、さっそく新しい曲の情報を公開しますー


またまたいい曲が出来上がりました!

ビートボクサー、ビートメーカー、映像制作などなんでもこなすマルチクリエイターISSEIの作品に参加しました!レゲエ界のRAM HEADとの曲です!初コラボながら化学反応おきてしまいましたな…笑


我ながら気に入っておりますー
LIVEでもガンガンやっていこうおもとりますー


1.23にCDが発売!

1.16からはレゲエザイオンにて配信開始です!

Chemistry / ISSEI feat. HI-KING aka TAKASE & RAM HEAD
http://t.co/LKbPgoe1






image-20130116024137.png


ISSEI 「ESCAPE」



価格:¥ 1,260

収録曲 :

1. Get Far
2. Chemistry feat. HI-KING aka TAKASE & RAM HEAD
3. buggy's Theme
4. Splatter Mic feat. ZIMBACK
5. Violence In The Streets
6. Super Duper Floor Rocker
7. WA feat. 鞆 良麿




ISSEI PROFILE



image-20130116024911.png


 口だけで音を自在に操る“ヒューマンビートボクサー”でありながら、楽曲を手掛ける“トラックメーカー/プロデューサー”。そして時にはグラフィックデザイナーや映像作家としても活動する平成元年生まれのマルチクリエイター。
 大阪に生まれ、そのまま大阪を拠点に2004年頃から本格的に活動を開始。 クラブやライブハウスでのライブは勿論、ファッションショーやダンスコンテスト、バスケットボールの試合でのハーフタイムショーなどにも出演を繰り返し、全国のビートボクサーがエントリーする大会でも優勝を遂げ、幅広い経歴を積み重ねる。 ブラックミュージック(主にHIPHOP)を軸にしたステージが賛同され、AFRA、SHINGO★西成、BASI(韻シスト)、GEBO、熊井吾郎、強、SongRiders、GROOVIN/SLASH、大阪籠球会、ISSOP・・・と数えきれない程のアーティストやダンサーとコラボレーションを遂げている。
 2006年頃からは同じくビートボクサーのfreelyと“ILLMATIC PROJECT”を結成し、また違ったステージングでの活動を行い、その直後にはMINMIのバックダンサーを務めるVENOMとのユニット“VENOM+ILLMATIC PROJECT”に発展。“THE GAME”や“DJ ENVY”といった海外アーティストがジャパンツアーをする際にはオープニングアクトも務めた。 昨今はトラックメーカー/プロデューサーとしての活動をもう一つの軸として行っており、メジャー、インディーズ、ジャンルを問わずに数々のアーティストに楽曲提供を行う。
 レゲエアーティスト、強に提供した「Hotter Girl feat.TAK-Z & HISATOMI」は着うたサイトでDL数1位を記録。プロデュース曲を含むSongRidersの1stミニアルバム「CONFIDENCE」はタワーレコードチャート2位を記録。大阪のトップラッパーでもあるSHINGO★西成の3rdアルバム「ブレない」(2012年7月発売予定)にもプロデューサーとして参加するなど、着々と楽曲作品を手掛けている。

 そして遂に2011年11月に22組もの豪華ゲスト陣をフィーチャリングし、プロデューサーとして自身初となるフルアルバム「Mutation Labo」を発売。半年後の2012年6月にはノンゲストのインストゥルメンタル作品「OPTIMUS EP」を発売し、九州でのリリースツアーを皮切りに、積極的にライブを行っている。。
posted by hk stupids at 02:50| Comment(0) | エイチケーヘッドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: